次世代EDINET

以下の文章は2012年1月20日に書いています。すぐに内容が古くなってしまうかもしれませんので、最初に執筆日を明記します。
2011年後半あたりから、ちらほらと金融庁から次世代EDINETの構想が語られています。
出てきている主な情報は以下のとおりです。

  • 2013年を目標に次世代EDINETを稼動させる
  • XBRLの範囲が大幅に拡大
    ①有報などすでに一部XBRL化している書類については、全文がXBRL化
    ②大量保有報告書などこれまでXBRL対象外の文書もほぼ全部XBRL化される
  • 文章部分は包括タグでまるっと囲み、必要な部分を詳細タグ(現在のタグのイメージ)で定義する
  • XBRLディメンジョン・インラインXBRLの採用

すでに2011年末から開発業者の選定(入札)など始まっており、おそらく2012年中には新しいタクソノミの試作が出てくるでしょう。
XBRLに関しては、完全に日本が世界をリードしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>