タクソノミスキーマ

JIS X 7206

XML スキーマ。タクソノミ スキーマの大部分がタクソノミ中の概念構文の定義に当てられることが多い。

役割

事業報告の概念に対する具体的な名称とデータ型を定義します。
型とは、概念の定義に応じて測定する事実に許可するデータ型の種類を定義したものです。例えば、“現金及び預金”という概念は、(通常は)金額型と定義します。タクソノミスキーマで金額型と定義されると、インスタンスにおいて現金及び預金を報告する場合、その(事実の)値は、金額型として解釈します。