概念

JIS X 7206

構文的には,item 要素の代替グループ又はtuple 要素の代替グループに含まれるように定義するXML スキーマ要素定義。
意味論的には,事業活動又は事業活動の性質について報告可能な事実の定義。

事実と概念

オブジェクト指向的に例えると、「概念≒クラス定義」、「事実≒インスタンス」という関係です。

概念と要素

XBRLのなかでは、要素(element)と概念(concept)は、ほぼ同じ意味で用いられます。
正確には「要素」のほうがより一般的な意味合いを持ち、XBRLの基盤技術であるXMLスキーマの言葉です。XBRLの「概念」という概念(紛らわしい!)は、「要素」の部分集合です。
例えば、「EDINETタクソノミには、NetSales要素が定義されている」などと言います。これは正しいのですが、「EDINETタクソノミには、NetSalesという概念が定義されている」と言うほうが、より厳密です。
実際にはあまり『概念』という言葉は使われず、『要素』または『エレメント』ということが多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>