ラベルリンク

概要

ラベルリンクは、概念に対する表示上のテキスト情報(=ラベル、名称)を提供します。
例えば、概念「純利益」があります。この概念にはさまざまなテキスト(勘定科目名)が当てはまります。
有価証券報告書(年次)の損益計算書の項目として出現すれば、一般的には『当期純利益』と記述されます。一方、四半期報告書の損益計算書の項目であれば、『四半期純利益』と記述されています。また、英語の損益計算書であれば『Net Income』となります。
これらのテキストは、いずれも同じ概念を表しています。
XBRLでは、このような表示上のテキストは概念と切り離し、「ラベルリンク」を用いて定義します。

構成イメージ

下の図は、EDINETタクソノミの要素「NetIncome」に対するラベルリンク(の一部)を表しています。
下の図は、EDINETタクソノミの要素「NetIncome」に対するラベルリンク(の一部)を表しています。
要素「NetIncome」には、3つずつラベルが定義された、2つのリンクのネットワークが存在しています。(実際にはもっと多くのラベルが定義されています)

リンクのネットワーク

リンクのネットワークは、リンクロール値で識別します。
EDINETタクソノミの場合、標準的な拡張リンクロールとは別に様式毎の拡張リンクロールが用意されています。
(図の上段「http://www.xbrl.org/2003/role/link」は標準ロール、下段「http://info.edinet-fsa.go.jp/jp/fr/gaap/role/ConsolidatedQuarterly」は、四半期連結財務諸表ロール)

ラベル

ラベルは、label要素を用いて定義します。
label要素は、lang属性を利用して、使用されている言語を指定します。例えば、日本語の場合、lang=”ja”となります。この機能により、XBRLの概念を多言語化することが容易になります。(XBRLのファクト(値)を多言語化する機能ではない点に注意)
(参考)
日本語版IFRSタクソノミは、標準のIFRSタクソノミに、日本語のラベルリンクを追加したものです。
label要素のxlink:role属性(ラベルロール属性)を利用してラベルの目的を指定します。XBRLの仕様上、以下のラベルロール属性値があらかじめ定義されています。(標準ラベルロール属性値

【ラベル資源のxlink:role 属性の値】 【意味】
(ロール属性を指定しないとき) 概念の標準ラベル
http://www.xbrl.org/2003/role/label 概念の標準ラベル
http://www.xbrl.org/2003/role/terseLabel 概念の短縮したラベル。多くの場合,その概念が他の関連する
概念の文脈中で報告されている場合に,推定が可能な省略したテキスト。
http://www.xbrl.org/2003/role/verboseLabel 概念の拡張したラベル。単独で用いる場合,ラベルの意味を理解できるように要求するもので,テキストを省略しない。
http://www.xbrl.org/2003/role/positiveLabel
http://www.xbrl.org/2003/role/positiveTerseLabel
http://www.xbrl.org/2003/role/positiveVerboseLabel
http://www.xbrl.org/2003/role/negativeLabel
http://www.xbrl.org/2003/role/negativeTerseLabel
http://www.xbrl.org/2003/role/negativeVerboseLabel
http://www.xbrl.org/2003/role/zeroLabel
http://www.xbrl.org/2003/role/zeroTerseLabel
http://www.xbrl.org/2003/role/zeroVerboseLabel
値がプラス(マイナス,ゼロ)の数字で表示される場合の概念のラベル。
例えば,standard 及びstandard positive ラベルを“税引後利益”,standard negative ラベルを“税引後損失”としたり,terse ラベル及びterse positive ラベルを共に“利益”とし,一方negative terse ラベルを“損失”としたりする。
http://www.xbrl.org/2003/role/totalLabel 他の値の合計として報告する場合,その概念と関連付けた値を表示する場合に利用する概念のラベル。
http://www.xbrl.org/2003/role/periodStartLabel
http://www.xbrl.org/2003/role/periodEndLabel
periodType=”instant” である概念に対し,期首(期末)の報告期間の値として報告する場合,概念と関連付けた値を表示する場合に利用する概念のラベル。
http://www.xbrl.org/2003/role/documentation 概念の文書化。その意味とその適切な使用方法の説明及び必要と思われる他の文書化とを提供する。
http://www.xbrl.org/2003/role/definitionGuidance 概念の詳細な定義。その意味及びその適切な使用方法の説明を提供する。
http://www.xbrl.org/2003/role/disclosureGuidance 概念に関係している開示上の要請についての説明。開示が次のいずれであるかを示す。
- 必す(須)(つまり,準拠すべき文献によって規定されている)。
- 推奨(つまり,準拠すべき文献によって奨励されている)。
- 一般的な実務慣習(つまり,準拠すべき文献には規定されていないが,開示が一般的である)。
- 構造的完全性(つまり,タクソノミの構造を完全なものにするために含められている)。
http://www.xbrl.org/2003/role/presentationGuidance 一つ以上の特定の型の事業報告書の他の概念の文脈で,この概念の表示を指示する規約の説明(配置する及び/又はラベルを付ける)。例えば,“余剰金は,損益計算表上に公表されるべき”など。
http://www.xbrl.org/2003/role/measurementGuidance 事業報告書中のこの概念に関連する値を計量する場合に利用する手順の説明。
http://www.xbrl.org/2003/role/commentaryGuidance 定義,開示,計量,表示又は使用法の決定を支援する際の,概念に対するその他の一般的なコメント。
http://www.xbrl.org/2003/role/exampleGuidance 概念によって捉える情報の型の例

アーク

labelArc要素を用いて、要素とラベルを関係付けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>