[チュートリアル]要素(勘定科目)一覧を作る

概要

インスタンスを活用するに『タクソノミにどのような要素(勘定科目など)が定義されているか』は重要な情報です。
EDINETで使用されるタクソノミでは、金融庁より勘定科目一覧がEXCELファイルで提供されていますが、TDnetで使用されるタクソノミでは、一覧が公表されていないか、公表されていてもPDFファイルのものしかありません。
EXCELアドインツールには、タクソノミに定義されている要素(勘定科目など)の一覧を簡単に取得する機能があります。

準備

EXCELにツール(バージョン1.0.6)がインストールされているものとします。

手順

  1. タクソノミビューアで、対象のタクソノミを選択
  2. 要素一覧ボタンを押し、ワークシート上に展開

1.タクソノミビューアで、対象のタクソノミを選択
ツールバーの「タクソノミビューア」ボタンを押して、タクソノミビューアを起動します。
ツールバーの「タクソノミビューア」ボタンを押して、タクソノミビューアを起動します。
ツールバーの「タクソノミビューア」ボタンを押して、タクソノミビューアを起動します。
対象のタクソノミを選択します。
対象のタクソノミを選択します。

2.要素一覧ボタンを押し、ワークシート上に展開する
要素一覧ボタンを押すと、ワークシートにリストボックスの情報が展開されます。
要素一覧ボタンを押すと、ワークシートにリストボックスの情報が展開されます。
要素一覧ボタンを押すと、ワークシートにリストボックスの情報が展開されます。
ワークシート上に、要素の一覧情報が展開されます。

  • A列
    要素が定義されているスキーマファイル
  • B列
    要素の名前空間
  • C列
    要素名
  • D列
    要素ID
  • E列
    データ型
  • F列
    代替グループ(substitutionGroup)、itemまたはtuple
  • G列
    空要素を許可するか
  • H列
    期間(duration)か時点(instant)か
  • I列
    抽象要素(abstract element)かどうか
  • J列
    借方(debit)科目または貸方(credit)科目
  • K列~
    ラベル(名称)

[チュートリアル]要素(勘定科目)一覧を作る」への3件のフィードバック

  1. taro

    お世話になります。
    財務分析を効率的に行いたいと思い、いろいろと探しておりましたらこちらのサイトにたどり着きました。
    理想に近いツールを公開していただいており、大変感謝しております。
    まことに、ありがとうございます。
    さっそくVer2.02をトライさせていただいております。
    VBA等に習熟していない私にとってはなかなかハードルが高いのですが、
    どうにか使いこなせるよう頑張っております。
    大変恐縮なのですが、ひとつ質問がございます。
    TDnet決算短信より四半期毎の貸借対照表の項目を抽出したいのですが、
    難儀しております。(損益計算書項目は抽出できております。)
    勘定科目の要素名が違っているのかと思い、
    要素名を探しているのですが見つけることができないでいます。
    (ちなみに、例えば現金及び預金はCashAndDeposits,資産合計はAssets等としています。)
    一方Ver.2.02にはタクソノミビューワが実装されているとのことなのですが、
    お恥ずかしながら、こちらも見つかりません。
    (アドインにはインスタンスビューワーのみ表示されます。また、Ver1.06もダウンロードできません。。。)
    大変お手数ですが、タクソノミビューワの使用方法
    もしくは、貸借対照表の要素名リストをご教示いただけないでしょうか。

    なお、決算短信については、UCXTDnetXBRLInstanceFR()とUCFact()を使用して抽出しております。
    また、Excelは2007を使用しております。

    返信
    1. TeCaAdmin 投稿作成者

      taro様

      コメントありがとうございます!

      申し訳ありませんが、Ver.2.0.0以降は、タクソノミビューアは実装しておりません。
      財務諸表の勘定科目の要素名は、金融庁がエクセルで見やすい形で公表しています。
      そちらをご参照ください。

      旧様式の勘定科目リスト:
      http://www.fsa.go.jp/search/20130301.html

      次世代EDINET様式(2013年12月期本決算より適用)の勘定科目リスト:
      http://www.fsa.go.jp/search/20140310.html

      返信
      1. Taro

        さっそくのご回答ありがとうございます!
        要素名のリストがわかるサイトをご教示いただき、とても助かりました。
        また、貸借対照表の値がとれない問題については、
        期間要素ではなく、時点要素だったと思われ、
        periodStartを入力しないことで値をとれるようになりました。
        お手数をおかけいたしました。

        返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>