ワークシート関数の設計

実装するワークシート関数の仕様を決めます。

ワークシート関数は、コンテキストを取得する関数「XBRLContext」と、ファクトを取得する関数「XBRLFact」の2つを実装することにします。

コンテキスト取得関数

=XBRLContext(インスタンスファイルパス, [コンテキストID])

  インスタンスファイルパス:インスタンスファイルのパスを指定する。
  コンテキストID(省略可):コンテキストのIDを指定する。
               省略した場合、全てのコンテキストを取得する。

【機能】
インスタンスからコンテキスト情報を配列で取得する。

横方向にコンテキストの属性を展開する。1列目:コンテキストID、2列目:開始日、3列目:終了日、4列目:基準日、5列目:シナリオ、6列目:連結(False)/単体(True)。

引数のコンテキストIDを省略した場合、または、””(空文字列)を指定した場合には、インスタンスファイルに定義されている全てのコンテキストを配列で取得し、縦方向に展開する。

ファクト取得関数

=XBRLFact(インスタンスファイルパス, [コンテキストID], [名前空間], [要素名])

  インスタンスファイルパス:インスタンスファイルのパスを指定する。
  コンテキストID(省略可):対象となるコンテキストのIDを指定する。
               省略した場合、全てのコンテキスト。
  名前空間(省略可):要素の名前空間を指定する。
            省略した場合、名前空間は無視する。
  要素名(省略可):要素名を指定する。省略した場合、全てのファクト。

【機能】
インスタンスからファクト情報を配列で取得する。

横方向にファクトの属性を展開する。1列目:値、2列目:要素名、3列目:名前空間、4列目:コンテキストID、5列目:Nil属性、6列目:単位、7列目:精度(decimals)。値は、Nil属性がTrueの場合は #null!(NULLエラー) を設定。

縦方向に取得したファクトを展開する。