TeCAX 特長

自動ダウンロード

EDINETや適時開示情報で開示されたXBRLファイルをツールを通して検索、閲覧できます。もうダウンロードに手間はかかりません。

軽快な動作

Microsoft Windows の最新アーキテクチャで作成したクライアントアプリケーションですので、XBRLの解析処理などとても軽快に動作します。

データを活用するための出力機能(csv/EXCEL形式)

XBRLのデータをEXCELなどで活用するため、表示した財務諸表データを保存することができます。
さらに、XBRLのデータをデータベースに保存して計算・分析に活用したい方のために、データレイアウトイメージでの出力も可能です。

代表的な財務指標を自動計算

XBRLデータの特長を活かし、自動的に代表的な財務指標として、安定性指標(流動性比率、固定比率など)・収益性指標(営業利益率、経常利益率、総資本経常利益率など)を自動的に計算します。

XBRLの構成を見える化

XBRLの内部構造に興味がある方(主にXBRLに関連するシステムを構築する方)向けの機能として、計算リンクや表示リンクの関連状態やタクソノミのインポート・リンクベースの参照関係をわかりやすくツリー構造で表示するなど、XBRLの構成を見やすく表示します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>