UfoCatch_2_0_3」への5件のフィードバック

  1. Hosaka

    大変、役立つツールの提供ありがとうございます!

    すいません、中のプログラム解析に努めたのですが、なかなか理解が難しく、初歩的な質問になってしまっていたら申し訳ないです。
    ダウンロードしたツールでは年間ベースで売上高、売上原価などのデータを取得することが可能になっていると思いますが、
    四半期ベースでの取得や、セグメント情報の取得をする方法など、
    もしお手数でなければご教授いただけるとありがたいです。

    よろしくお願いいたします。

    返信
    1. TeCaAdmin 投稿作成者

      Hosakaさま

      ご利用いただきありがとうございます。

      四半期決算の決算短信(TDnet)や、四半期報告書(EDINET)のデータも取得できるようになっています。
      たとえば、「=UCXTDnetXBRLInstanceSM(7011)」とすれば、三菱重工(証券コード:7011)の決算短信のURLが取れます。
      今日(2015/4/23)だと、「http://resource.ufocatch.com/xbrl/tdnet/TD2015020400069/tse-qcedjpsm-70110-20150129013480-ixbrl.htm」となり、これは2015年3月期の第3四半期の決算短信です。
      セグメント情報については、決算短信(TDnet)ではXBRLデータ化されていませんので、有価証券報告書または四半期報告書(いずれもEDINET)のほうを参照してみてください。

      返信
  2. Hosaka

    ご丁寧にご返答ありがとうございます!
    そこで、アップロードされているUfoCatchのエクセルファイルの様にダウンロード出来ればと思っているのですが、
    インスタンスの呼び出しをUCXEdinetXBRLInstanceLatestASRからUCXTDnetXBRLInstanceSMの関数に変更し、
    取り出せないかと思ったのですがうまくいかない様子でした。
    もっというと、こちらの二つの関数で呼び出すファイルは素人目にもどうも形式的に違うような気が。。。

    また、年間ベースでのセグメント情報は、呼び出す要素名は何にすればよいのでしょうか?
    大変、お忙しいところ申し訳ないのです。。。
    もしよろしければ、このあたりのことを学べる参考などがあればご教授くださいませんでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

    返信
  3. ありがとうございます!
    仕事で有報作ってるのですが、活用しづらいデータだよなーて思ってて、こういうツールがほしかったんです!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>