クロールを自動運転したい

TeCAProでEDINETで開示されている過去5年分のデータをまとめてダウンロードしたい場合など、ただひたすらクロールしたいときがあります。

このような場合には、TeCAProをコマンドラインアプリケーションとして実行することをオススメします。

コマンドラインアプリケーションとして実行する場合には、TeCAProに同封されている TeCAProCmd.exe を使います。コマンドプロンプトを起動し、TeCAProのインストールフォルダに移動してから、以下のコマンドを投入してください。

> TeCAProCmd.exe /p:クロール

以下の例は、TeCAProを「w:\TeCAPro」にインストールしている場合です。

クロール自動運転

クロール自動運転


TeCAProをコマンドラインアプリケーションとして起動すると、指定された範囲を1回だけ巡回して終了します。