有報キャッチャーEXCELツール

EDINET/TDnetで開示されているXBRLを分析・利用するためのEXCELツール(マクロ付きのワークシート)です。使い方とサンプルも含まれています。

最新バージョン[ver2.0.0 ダウンロード] 2014/4/4 リリース

2年ぶりにリリースでTDnet/EDINETの新様式に対応しました。

VBAのパスワードはかかっていません。VBAで作成されたソースコードは「BSDライセンス」のもとで自由に参照・再利用していただけます。XBRLのクライアントを自作したい方のご参考になれば幸いです。

以前のアドイン版と同時に使用することはできません。アドイン版をご利用の場合は、先にアドイン版をアンインストールしておいてください。

ワークシート関数

EXCELにインストールすると、以下のようなワークシート関数が使用できるようになります。

  • XBRLインスタンスから直接必要な情報(ファクト(金額などの値)、ラベル(名称)、コンテキスト)を抜き出すワークシート関数
  • 有報キャッチャーWEBサービスAtomAPIを使用して、EDINETやTDnetで開示されたXBRLインスタンス(を直接参照できるURL)を取得するワークシート関数

これらのワークシート関数を組み合わせて使用することで、EXCELだけで、EDINETやTDnetからXBRLデータを集める手間をかけずに、必要なデータを自由に取り出すことができます。
ファイルには具体的な事例が含まれています。年次有価証券報告書から時系列で主要項目の値を並べるシート(シート名『サンプル』)や、有価証券報告書から財務指標を計算するシート(シート名『財務分析サンプル』)を用意しています。

ツールバー

EXCELにインストールすると、ツールバーが追加されて、以下の機能が使えるようになります。

インスタンスビューア

を使用して、EDINET/TDnetで開示されたXBRLインスタンスを検索できます。検索したデータを財務諸表形式でワークシートに展開したり、XBRLインスタンスの詳細情報をワークシートに展開することができます。

インスタンスビューア

インスタンスビューア

ダウンロード

最新バージョン[ver2.0.0 ダウンロード] 2014/4/4 リリース

有報キャッチャーEXCELツール」への4件のフィードバック

  1. Taro

    初めまして。先日こちらのツールに出会い、早速ダウンロードさせていただきました。

    質問があります。
    予め申しますと、エクセル自体ほぼ初心者です。

    まずは、[チュートリアル]業績修正一覧表を作る(http://tecaweb.net/archives/115)を手順通りやってみようと、実行しました。
    ところが、【データ詳細】を押してもE~F列(種別、インスタンスURL)が取得できません。
    何か考えられる抜けはありますか?

    また、繰り返し”EXCELにインストール”とありますが、これの意味するところは”アドインに追加”だけでは不十分なのでしょうか?
    加えて、ダウンロードしたときのシートが全て表示されてしまうのは仕様でしょうか?

    初歩的な質問ばかりで申し訳ありません。
    もしお力を貸していただけるのでしたらどうかご回答いただけると幸いです。

    返信
    1. TeCaAdmin 投稿作成者

      はじめまして、Taroさん。

      Excelツールをお試しいただきありがとうございます。

      > ところが、【データ詳細】を押してもE~F列(種別、インスタンスURL)が取得できません。

      はい、こちらは今年(2014年)1月より、XBRLインスタンス(*.xbrl)の形式で公開されなくなり、インラインXBRLという形式にて公開されています。
      そのため、当該画面からはインスタンスURLが取得できなくなっているものです。

      インラインXBRLのURLは、XBRL取得系のワークシート関数(UCX~XBRLInstance)を使って取得できます。

      > 繰り返し”EXCELにインストール”とありますが、これの意味するところは”アドインに追加”だけでは不十分なのでしょうか?

      最新版のツールは、普通のマクロ付きワークシートですので、アドインに追加する必要はございません。そのまま、普通に開いてマクロを有効にすればご利用いただけます。

      > ダウンロードしたときのシートが全て表示されてしまうのは仕様でしょうか?

      ワークシート関数の説明とサンプルが記載されたシートが付いていますが、こちらは不要でしたら削除してください。

      以上

      返信
  2. rai

    はじめまして。
    2年ほど前からこちらの有報キャッチャーEXCELツールを使用させていただいています。
    手作業が随分削減できて大変助かっています。

    さて、新様式のデータに対応するためUfoCatchExcel_2_0_0を利用したいのですが、以前のバージョンのアンインストールはどのように行ったらよいのでしょうか。
    コントロールパネルのプログラムの削除の中に該当プログラムは見つからず、C:\Program Files\Microsoft Office\Office\Libraryに「UfoCatch.xla」ファイルがありますが、直接削除するのもどうなのかと思っています。
    なお、以前ダウンロードしたC:\Users\(中略)\Downloads\UfoCatch_1_0_7.zipを直接削除したりなど少々既にいじってしまいました。

    ご回答よろしくお願いします。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>