タプル

JIS X 7206

XBRL tuple 要素の代替グループに属する要素。
タプルは,複合的な事実において部分を束ねるために用いる。
タプルの構成要素は,それぞれが事実であるが,お互いを参照して解釈しなければならない。
例えば,正確に理解されるためには,会社の取締役の氏名,年齢及び報酬は,一緒に記述される必要がある。