流動比率を計算してみる

作成したツールを利用して、代表的な安全性指標である流動比率を計算してみます。
[ツールのダウンロード]

流動比率(%) = 流動資産 ÷ 流動負債 × 100

サンプルデータには、商船三井の2018年3月期の有価証券報告書のXBRLデータを使います。XBRLデータはEDINETからダウンロードしておいてください。
有報キャッチャーからもダウンロードできます)

手順

  1. EDINET(または有報キャッチャー)からダウンロードしたXBRLデータを解凍します。
  2. 複数のファイルがありますが、使用するのは本文のインスタンスファイルだけです。PublicDocフォルダの下にある「jpcrp030000-asr-001_E04236-000_2018-03-31_01_2018-06-26.xbrl」
    を任意の場所においてください。(ここでは「D:\data」の下に保存したものとします)
  3. ツール(EXCELファイル)を開きます。
  4. 新規シートを追加し、そのシートに下の図のように入力します。計算式
    セルの入力内容

    • B1:インスタンスファイル名
    • B3:コンテキスト「連結の今期末時点」のコンテキストID
    • C3:コンテキスト「連結の前期末時点」のコンテキストID
    • A4:要素「流動資産」の要素名
    • A5:要素「流動負債」の要素名
    • B4,C4,B5,C5:インスタンスファイルから「同列のコンテキスト」の「同行の要素」のファクト(値)を取得するワークシート関数
    • B6,C6:流動比率の計算式
  5. 計算結果は以下のようになります。
    計算結果

説明

行方向に要素名、列方向にコンテキストIDを並べて、CurrentAssets(流動資産)とCurrentLiabilities(流動負債)の値(ファクト)を取得し、流動比率を計算しています。

XBRLで財務指標を計算する場合に最初に悩むのが要素名の決定です。

流動比率の場合、必要なデータは「流動資産」と「流動負債」です。会計の知識がある人が貸借対照表を見れば、流動資産と流動負債の金額を見つけるのは簡単です。しかし、そこは融通の利かないコンピュータ、XBRLから抜き出すためには、きっちり要素名を指定してあげる必要があります。

「流動資産」は「CurrentAssets」、「流動負債」は「CurrentLiabilities」でしたが、どうすれば正しい要素名を見つけられるのでしょうか。


次のページ:要素を決める